おうい雲よ ゆうゆうと 馬鹿にのんきそうじゃないか ー 雲 山村暮鳥

            雲

         丘の上で
         としよりと
         こどもと
         うっとりと雲を
         ながめている



           おなじく

         おうい雲よ
         ゆうゆうと
         馬鹿にのんきそうじゃないか
         どこまでゆくんだ
         ずっと磐城平の方までゆくんか



           ある時

         雲もまた自分のようだ
         自分のように
         すっかり途方にくれているのだ
         あまりにあまりにひろすぎる
         涯のない蒼空なので
         おう老子よ
         こんなときだ
         にこにことして
         ひょっこりとでてきませんか


山村暮鳥

本も電子書籍も送料無料の総合書店「honto」

愛と感謝をこめて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想 ありがとう 感謝

コメントする

目次